Message / 代表挨拶

INSTYLE GROUP 代表
INSTYLE Inc. 代表取締役 CEO
西村 豪庸
HIDENOBU NISHIMURA
中央大学 法学部卒。大学在学中の19歳の時に飲食店を開業し、一度店をたたんだ後、デイトレードで得た5億円の利益を投じて飲食業界に再帰。23歳でソムリエ試験合格、多業態の直営47店舗のほか、プロデュース、ファンド等の投資店舗も含めて110店舗まで拡大した後、それらをすべて売却。その頃から経営コンサルタントとしての活動が本格化。2008年INSTYLE Inc.をスタート。経営コンサルタントとして、世界各国のエアラインやクレジットカード会社、大手飲料メーカーや有名ファッションブランドなどをクライアントに持ち、代表を務めるインスタイルグループは、コンサルティング、飲食、アパレル、エンターテイメントなど、他業種の企業で構成されている。
「ヒデさんって、『何してるのか分かんない人』ですね」
外部の方から言われるならまだしも、ファミリーと呼び、文字通り家族の様に接している社員や、家族からも、よくそんなことを言われますが、まあ無理もありません

何者かになろうとして、何者にもなれず
だからと言って何かを諦められるほど潔くも強くもなかった私が選択したのは、
「鶏口となるも牛後となるなかれ」だったのではないかと今では思います

例えば「飲食業の人」と言われて飲食業界でNo.1を取れていないことを悟られるのが嫌で「飲食業」だけではない振りをしたり「コンサルタントの人」と言われても、コンサルティング業界で何かが突出していたわけでもないので、実業を行なっていることが価値のように振舞ってみたりもしました

結局のところ、オンリーワンにもナンバーワンにもなれなかったので、「○○業界の中で○番目」になるくらいなら、「何してるのか分かんない人」でいようとしていました

そんなスタートから、気が付けば20年以上が経ち
「そんな私でもいい、そんな私と仕事がしたい」と言ってくれる仲間が、1人、2人と増えていった結果、

インスタイルグループは「何してるのか分かんないグループ」になりました

最近になって、インスタイルグループのミッションやヴィジョン、バリューを整理したのですが、ヴィジョンは、「111人の好き勝手に人生を楽しむ社長を作り、グループ社員数1千人、年商1千億円のグループを作る」
になりました

私には世界を変える様なインパクトのあるプロダクトやサービスを生み出す力も、能力もありませんし、
特別世界を変えたいとも思わないのですが、
この国の99%以上を占める中小企業やベンチャー企業のあり方に、寸毫でもプラスになれるとしたら、
やはり中小企業・ベンチャーの集合体として、楽しく、幸せに働いている集団でありたいと思ったのです

私は自分らしく、自由でいたいし、
少なくとも周りの人間にもそうあって欲しい

起業家として、はじめの10年を飲食人として過ごし、次の10年はコンサルタントとして過ごしてきた結果、今のインスタイルグループは、経営コンサルティング、投資、不動産、建築、飲食、アパレル、エンターテイメント、IT、デザイン、コンテンツ、美容、通信、などといった、節操の無い企業体になりました

それこそ、いよいよ何の会社か分からないと思うことでしょう
しかし、私は、これでいいと思っているのです

なぜか?

それは「自分らしく自由で幸せでいる」
仕事や会社は、そのための手段でしかないことに本当の意味で気付いたからです

これまでは「自分らしく自由で幸せにいるには、飲食業とコンサルティングしかない」と思っていました。

今ではそれが、自分次第、社長次第、社員次第だと思っているので、
インスタイルらしさを損なわなければ、どんな事業会社でもインスタイルグループへの参加を歓迎しています

起業家として、はじめの10年を飲食業界で過ごし、次の10年をコンサルティング業界で過ごした私の、次の10年はおそらく、インスタイルグループのトップとして、業種業態を問わず
「どうすればグループの社員や社長が、自分らしく自由で幸せに、仲間と楽しくやっていけるのか」
をグループ全員で追求していく10年になると思います

働き方改革、IoT、AIシフト、シンギュラリティ、
世界は刻一刻と変化、進化し、私達は常にそれに対する変化、進化を求められます

次の10年間がどの様に変化していくのか、それは誰にもわかりませんが、
グループのファミリーすべてが、自分らしく自由で幸せに、仲間と楽しくやっていけるために必要な、変化と進化を続けていくことと思います

10年後、また同じ様に振り返る時には、
111人の社長達と、1000人のファミリーで、振り返ることができるよう、
今日もグループ一同、ベストを尽くします

2018年4月1日